<   2004年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
「コムスメに勝」って、どうするのん?
[2004/09/30 wed]
日光行ってきたkとお土産交換会(っていつの話だよ)。こっちは大分土産です…(だからいつの話なのかって)
kが「肉!血!体温~!」と叫ぶので、モンゴル料理屋・遊牧民@下北沢へ。
でも骨付き羊肉の塩茹ではこないだ食ったというので、モンゴル餃子三昧(ちなみにこの茹で汁を使ったうどんがめちゃうま)
餃子の餡はすべて羊。大きめで厚めの皮にどろっと羊の脂が染み出す蒸し餃子「ボーズ」。モンゴル醤油をつけて食べます(酢は使わないみたいだ)。もう一皿食いたいよ。水餃子は小さくてツルシコ系。焼き餃子「ホーショル」は大きめの焼き餃子風、でもちょっと平らでカリカリしすぎ? 同じ羊の揚げ餃子なら、びすとろひつじや@代々木のチュニジア餃子「ブリック」(巨大なので両端を持って真ん中からかぶりつくと、半熟の卵の黄身と肉汁がじゅる~羊のひき肉がほろほろ~皮がパリッ…と書いてるだけでヨダレが)があんまりにもうますぎ。かないません。
えーと食べてただけじゃなくて、牛乳酒(馬乳酒と違って蒸留してるので度数それなり)も飲んで…じゃなくてあんまりにもいろんな話をしたのだが、ここで突然お客さんのひとりがモンゴル音楽家ということで馬頭琴とホーミィで1曲ずつ披露してくれて、これがもう。

馬頭琴はその名のとおりネックの一番上に馬の頭の彫刻がついている2弦の楽器。弦も弓も馬の尻尾の毛。生演奏は初体験。最初、同じ2弦の胡弓に似てるかなと思ったが、胡弓より悲しさはなく乾いていてでも複雑な音色。(あ、調弦は把握できなかった)

ホーミィは声に含まれる倍音を声帯~口腔・舌の微妙なテクニックでつむいでいく喉歌の、モンゴルでの呼び名(同様の歌唱法はアルタイ山脈周辺地域の少数民族にありそれぞれ名称が異なる)。とても簡単に言うと1人の人から2つの音が出てるように聞こえる。体から地鳴りのように響きわたる低音と、頭上をつきぬけて降ってくる笛のような鳥のさえずりのような高音。それらの織り成す音楽。
b0008759_3394423.jpg
CDで聞いたときはなんとなく頭で理解してたのだが、目の前で鳴ってる人がいるともう全然印象が違う。すごいドキドキしてるうちに終わってしまった。ちゃんと音楽きいてないかも。
巻上公一のライブに今もたまに行ってるわりにはホーメイ(トゥバの喉歌)をやるときに行ったことがないのだよね。今度聞きにいこう。
トマト風味の焼きうどん
(餃子は撮る前に食べちゃった)

で。kになんであんたは地位や年収や歳が「上」の男を狙わないのか?と叱られて。だって少なくとも「スーツ」がダメなんだもん、ほんっと虫唾が走るくらい嫌いなんだもん、嫌いじゃなくてヘイトだよ、とダダをこねる。つかいくら「上」でも10年も不倫してるヤツに言われたくないよー(ある意味すごいけど。10年かよ)

帰りにコンビニで、話題の『NIKITA』創刊号が1冊あるのをみて立ち読み…しようとしてあまりの重さに買ってかえりましたよ(780円)。タカラのWWM第2弾「F-4 FHANTOM II」2箱と一緒に。
「あなたに必要なのは“若さ”じゃなくて“テクニック”」。さすがモテたいちょい「不良」オヤジ雑誌『LEON』の女版。それ、言い換えたら「熟女の手練手管」って超~古くないすか。つか『LEON』では「ニキータ」は若い女子じゃね? だいたいリュック・ベンソンでしょ、バブル末期にあの黒のスリップドレス流行ったよね、めちゃめちゃ「コムスメ」。だいたいレオン(ジャン・レノ)だってニキータでは掃除夫だし…。
kはどうせ負け犬市場を当て込んだ雑誌でしょー?と言っていたが、載ってるモンはめちゃ高っ。市場ってそっちか(←ぉぃ)。とにかくすべての記事(=消費活動)が「オトコ」、それも結婚とか関係なく「狙ったオトコと今日ヤル」ことだけを目的にしてるところが潔い。いや「ヤル」じゃないな…そそりまくってまんまとし止める、とこまでが目的か。ヤらんでもいいのか。なんかブニュエルの『欲望のあいまいな対象』を思い出したが、こちらの獲物は日替わりだし。で、ここまで丸出しにしつつもどう選ぶかとか、ヤル方のテクは一切なし(金にならないしねー)。それでも各記事についてる下世話/下品スレスレの「おせっかいな解説」は未知の可能性を秘めてるんで今後の発展に注目と。
負け犬でもさほどお金持ちでもないあたしらは何をしたらいいかね。金のかからないのは…
でまあ、貧乏人はおいといて、すぐにニキータになれちゃう女子は頭に浮かぶのだが、張りまくって夜な夜な落としたい「艶男アデオス」ってどこにいるのん? ないものに向かって投資しまくるこのバブルっぽさが人をひきよせるのは確かだが。
奢侈こそすべて。蕩尽こそエロ。
でも張るのは金だけじゃない。
あたしのエロとはそこが違う。


とりあえず拳銃の代わりに鈍器としては使えそうです<『NIKITA』


・・・
遊牧民
東京都世田谷区北沢2-12-10
03-3410-8204 17:30-22:30 月曜定休
モンゴルにいるのかは知らないけど、ここにはいます<ゴキブリ
[PR]
by digibi | 2004-09-30 03:29 | diary
素肌のヒミツ
[2004/09/28 tue]
元の職場の歓送迎会@恵比寿CONZE「時の間」。ずっとスターティングメンバーでいてばかりで「歓迎」もされたことがなかったので、ついに初めての「ご招待」。

同じ招待側に、数年前、異業種から転職してきたSがいた。
直接担当することはほとんどなかったが、それでも短期のプロジェクトの際に、文章書きの基本からデザインのツボ、写真の選び方・指示の仕方、チェックで押さえるべきポイントなど、現場で骨格になることを教えたつもりだった。

その彼女が最後に言ったこと。

「○○さんに教わったとおりちゃんと気をつけてるんですよー洗顔とか
10年後のためにがんばって続けます」。


…。

でも何か役に立つことがあったんだから十分か。
人の役に立つなら書いときますか…。

基本は洗顔と、ドライヤーと化粧品を極力使わないこと。

ってことで以下、女子限定。
[PR]
by digibi | 2004-09-29 01:54 | diary
9試合ぶりの駒場ホーム
[2004/09/26 sun]
超久々の駒場、しかも昼間の試合。
なのにKは欠席。あたしは朝帰り(UR軍団最強のDJ、DJ ROLANDO@新木場ageHa、でした)で激しく眠い。試合前に仮眠しようと思ってたのに、そこは駒場、埼スタと違ってやたらみんなと会えるし話せるし、結局寝れず。
試合については最重要事項はよそで書いたし大胆に省略。昔の駒場っぽい勝ち試合。

[2nd07]浦和2-1G大阪(7'ガ・フェルナンジーニョ、16'山田、52'永井)19,497人
b0008759_16495938.jpgb0008759_1650406.jpg
友人hのお姉さまにいただいたシャトルバス乗車券(写真右)。
シーチケホルダーを10年続けるともらえるらしい。
駒場でしか使えないから…と言ってたけど、埼スタばかりになりそうな来年以降はどうなるのかなあ(自分が10年になるのは当分先だが)
バスが延々浦和に着かなかったので、久々にホームの試合に来れたsと今日とこれからのゴール裏について延々と。
2日前に友人rが書いてた「浦和から赤い折り紙が消えた日*」の話をしたら涙でそうになる。

滋賀県から通ってるというhの連れはこれから新幹線で帰ってバイト。同じくこれから仕事のsと別れ、hと2人でゴハン。疲れたから近場で…と思うが和浦もWEST WOODも18時からで、未踏の浦和漁港は休みで、賑わう「力」の前を通って「蔵」*へ。

スポニチの携帯サイトで他チームの結果をウォッチ。
2nd初勝利の磐田、決勝点の「菊地のラッキーなゴール」が気になるぅ(←山田さんのありえないゴール@磐田戦のロングバージョンでしたね)
モッズメーデーの話の途中でfが乱入。
大分vs名古屋@熊本が雷雨で中止、というニュースから話は昔のレッズ戦へ。見てない試合は一生見れないのだとあたりまえのことを思いつつ、話してくれる人がいることの幸せを思う。
hが頼んだ自家製コーヒー酒を一口。いい香り。ナスとゴーヤの肉味噌炒め、うま。今度マネしてみよ。アボカド生春巻きもグーでした。

もうずっと「力」から歌声がきこえる。
「あのひとたちいつもどこにいるんだろうね」とh。
というか、あれだけ体力が残ってるのがすごいというか。

趣味の集まり帰りと思われるじいさんたちが、店に入ると同時に結果を訊いてくる。数字だけじゃなくて、「誰が決めたの?」と訊いてくるところが浦和。
街中で喜び(…だけじゃないけど)を共有できるところがホームだよね。埼スタがそうなれる日は来るのだろうか。古い町が衰退して美園が新々都心になりその新しい街の住民が年老いる頃、ようやくそんな日が来るのだろうか。

UP*に行こうか誰かいるかな?と思ったが、ウマイ酒が飲みたくてWEST WOODへ移動。途中、ミスドの前で松本でナンパ(?)したh君とバッタリ。
みんなが山田とか啓太とかとにかくレッズの話をしてる浦和の夜。
結局UP寄る時間はなくなっちゃったけど。
久々の、勝って、楽しい、夜だった。
[PR]
by digibi | 2004-09-27 12:39 | diary
『アド街ック天国』浦和編補遺:「ロックの街」だった浦和
[2004/09/25 sat]
「ハイソ」って…。
ちょっと新住民に媚びてる視点だったかと。
高砂、仲町、常盤あたりの中山道「浦和宿」原住民的には違うんじゃないかね。
「北の鎌倉」とかヌかしてたけど、言っていいとしてもきっぱり「浦和宿」の地区限定。
浦和宿が1989年そのまま浦和町になり、1932年に旧・駒場村を含む木崎村と谷田村を編入して拡大、1934年市制施行により誕生したのが浦和市。
埼玉師範学校蹴球部の全国制覇は1937年。
ついでに言うと、埼スタのあるところ(旧・美園村)が浦和市に編入されたのは1962年。

全結果は、番組サイト*で。

以下は個人的な雑コメント
[PR]
by digibi | 2004-09-25 22:50 | diary
【地ビール】番外編・蔵くら@下北沢
[2004/09/23 thu]
[2nd06]FC東京1-0浦和@味スタ(52' 東・ルーカス)41,469人

飛田給駅前のミニストップでベルギーチョコソフトを並んでまでして(というより他を考えるのがめんどー)食べて、Kと別れて京王線各停新宿行。明大前で乗り換えてもまだガスサポがちらほら。でも下北で降りるやつはいない。
会ったらイヤだよな。会ったことないけど。自分がガスサポなら、あたしのチャリ見た瞬間蹴ったおすと思うんだけどそんなこともまだないし(←レッズ弱えぇから別にぃーというつっこみは不可)

帰って何かつくるの面倒…酔っ払って帰って寝ちまおう…ってことで駅前の地ビールハウス「蔵くら」。とりあえずどこかの地ビールのブルワリー直送樽生が飲めるし、1人でだいじょぶな席があるし。
b0008759_1925367.jpg今月のサービスビール
「サンクトガーレン(神奈川・厚木)」
アンバーエール¥578

なぜか最初に水の味…がしたけど、モルトの甘みを深い苦味が抑えて瑞々しく、イケます
去年醸造休止した函館ビロングスビールのグラスで出てきて驚いた(札幌遠征の際、2度訪問)
着いたのが思ったよりも遅い時間で、食事のラストオーダー22:30を超過しててがっかり。が、ツマミメニューは別になっていて、23:00までOK。さすが。生ハムと、「箕面ビール(大阪)」のヴァイツェン(¥735)で締め。

・・・
地ビールハウス 蔵くら*
東京都世田谷区北沢2-20-19
03-5433-2323 17:00~23:30(土日祝は16:00~)月曜定休
[PR]
by digibi | 2004-09-24 02:10 | kuu
大分~門司港ぷち紀行(未)
[2004/09/12 sun- 13 mon]
大分vs浦和@大分ビッグアイの翌日、大分~日田~(夜明)~田川後藤寺~(城野)~小倉~門司港ぷち旅行をしました。
JR九州の車両デザインはなぜイカす?という話もしたいです。ちょっと待ってて。
b0008759_16255217.jpg

[PR]
by digibi | 2004-09-14 16:43 | diary
ひとびとのざわめきがきこえてくる…suzukiskiライブ
[2004/09/11 sat]
soup-disk* presents“silverlization”@青山CAY

めったにライブをやらないsuzukiskiのライブについに行ってきた!
大分戦@大分を日曜夜なんかにしてくれたJリーグに大感謝。
b0008759_2317448.jpg10年越しの恋(笑)だったのに彼は想像どおりのいでたちで、静かなテクノ戦士にはあんまり似合わないおしゃれな空間に登場。
集中力を欠く客たちがバーでおしゃべりに興じるそのざわめきをあっさり借景にして、単純なサンプル・単純なループの気持ちよさをまず提示。そこに淡々と、でも多様なドライブ感を加えたライブは、ちょっぴりファンキーで、ほんのりインチキ。胸が熱いです。

b0008759_14642.jpg次に「えー。髪、切りました」と登場しゴリゴリバリバリ数曲披露したREI HARAKAMIに、「ごぼうのような人」と呼ばれて再登場。今度は2人で演奏。
客に猛烈にアピールしてたREI HARAKAMIと一緒だと、もしかしてエレクトロニカ風になっちゃうか?と思ったが、意外にポップで、ちょっと派手になったsuzukiskiサウンド、といった感じでした。こっちのほうがこのイベントには合ってたのかも。

興奮しすぎて久々に会った主催の原さんに、メインアクトの「ill suono」を間違って「ill soundって何時から?」ときいてしまいました。アホです。すみません。。。


帰りの銀座線で同じ車両にsuzukiskiを発見。面識ないし(たぶん手紙を一往復くらい程度)ちょっと迷ったが、渋谷駅で降りたところで思い切って話しかけた。
「すみません、デジビをやっていた者ですが…」というと、「あ、○○さん!?」とあたしの名前を即座に返してくれた。♪~。3メートルぐらいジャンプ(天井にぶつかります)。

・・・
2001年に出た7枚目『utopia』の数曲をsoup-diskで試聴可能*最新作『helix』よりポップで、初めてならこっちがオススメ。
1st(自主制作盤)もsoup-diskから再発されていて、ほんのさわりが試聴できます*

デジビに掲載した2ndの紹介記事はここ

デジビ掲載の1stの紹介記事(1994年7月)と、イベント詳細
[PR]
by digibi | 2004-09-12 00:59 | technohead_punksoul
切れてた…
手術から11日。
一度消えかかった違和感が数日前から復活してて(なんとなくうすら痛い気がする&そっち側の顎から肩にかけてが重い&痕が妙に盛り上がってきた)、不安の中、抜糸です。

ぁ。

聞こえたぞ、先生の声。
鏡で見せてもらった。
縫ったところの一番奥がくっつかないで開いちゃってる…。先週末みてもらったときは大丈夫だったのに。
頬のほうにすごい力で引っ張られた感じで…って、あー、それ。はあ。
マリノス戦のとき、途中から血の味だったからな…。
でも口あんま開けるなとは言われてないぞー。
試合中どれだけ口開けてるかは、先生、知ってるじゃん…。
だって昔、口があんまり開かなくなってしばらく通院してたある日、突然、普通に生活できる程度に平癒してることに気づいて、「最近なにか変わったことはありましたか?」 「大分と鳥栖と室蘭に行ったけど…レッズ戦見に」「うーんあんまりストレス解消ってわけじゃなさそうですねぇ(←ストレスはこの症状の原因のひとつ)」 …あ。「もしかして応援そのもの?」「そうかレッズのせいか~!」 爆笑。コールなのか怒声なのかは不明だけど。
(顎関節症ってやつです。えーあんなことやこんなことができずにエロい人としては死にたいくらい暗い日々でしたyo!)

あー、それにしてもどうなっちゃうんでしょう。
またしばらく抗生剤服用。
不安のまま5度目の大分へ。
[PR]
by digibi | 2004-09-11 14:58 | diary
【地ビール】しもつけ麦酒・呑龍夢麦酒@太田ヨラッセ・オゼノユキドケ
[2004/09/10 fri]
唐突に午後から[18きっぷ消化試合]北関東編。

-予告編-
b0008759_281530.jpg焼きそばで町おこしとかいって何かを隠してる感じの太田市。
工事中迂回の手書きの看板も英語併記、昔から栄えてたっぽい町にしてはやけに広い道が多い。市役所は立派すぎ。
b0008759_295860.jpg


b0008759_294428.jpg


b0008759_2172795.jpg
「中島飛行機」の生んだ街。

本編へ
[PR]
by digibi | 2004-09-11 01:59 | kuu
ちょっとした屈辱
[2004/09/07 tue]
スカパーをこの夏入れた。
ツール・ド・フランスをどうしても見たくて。
JSPORTS1+2+3のセットにした。
プロローグから凱旋門まで、レッズの試合日以外はナマTV観戦した。
(その前に勤めをやめたわけだけど)
BSやCS、あるいはCATVはちゃんとまともな家に引越してからいれようと思って我慢してたらしい(って何年我慢してたんだか。ケチだね。ケチだわ…)
ツール終わって、しばし廃人。
2ndシーズン始まって、あーJSPORTSでレッズ戦見れるんじゃんって思って見た。
…ヤバい。
よくこんなものをナマで冷静に見てられるな自分(いや、冷静、ではないが)。
ヤバいよ。超カコイイ。悶絶ですよ。
この、ビデオ見て話してるみたいな解説とアナウンサーが、試合を自分から遠く切り離されたものとして見させてくれるので、なおさら。テレビ埼玉のVだと受ける感じも違うんだろうけど。

とかいってるうちにNFL開幕。
GAORAとG+、けっこう悩んで、どうせだからとサッカーのセットも各種検討して、ナビスコ準決勝だけのために1カ月だけフジ739とかも考えたけど、結局、GAORAを追加で申し込んだ。計¥3,045。

お知らせメールがきた。
「新プロ野球セットのご案内」
はぁ?
「お客様の契約内容から以下のセットでの契約をお勧めします」
えー足すより安いセットなんかかなったよーと思ったが、野球セットなんて当然だけど見てもない。
スカイ・A、スポーツ・アイ ESPN、 GAORA、J SPORTS 1、2、3、G+、Ch.745、野球系のパーフェクト チョイスで¥2,940。
え。安い。しかもG+も見れるじゃん。開幕戦ナマで見れちゃうよ!!
でも、野球セットの新規契約者としてカウントされちゃうよ。。。世田谷区・女性・趣味はプロ野球テレビ観戦。
いやーーーーーっ。
3塁がどっちかわからないくらい野球見たことないんだから許してよ。

でも結局そっちに変更。GAORA 1カ月分は払ってもらうぜとかケチなことはいわれませんでした。

[PR]
by digibi | 2004-09-10 01:38 | diary