ひとびとのざわめきがきこえてくる…suzukiskiライブ
[2004/09/11 sat]
soup-disk* presents“silverlization”@青山CAY

めったにライブをやらないsuzukiskiのライブについに行ってきた!
大分戦@大分を日曜夜なんかにしてくれたJリーグに大感謝。
b0008759_2317448.jpg10年越しの恋(笑)だったのに彼は想像どおりのいでたちで、静かなテクノ戦士にはあんまり似合わないおしゃれな空間に登場。
集中力を欠く客たちがバーでおしゃべりに興じるそのざわめきをあっさり借景にして、単純なサンプル・単純なループの気持ちよさをまず提示。そこに淡々と、でも多様なドライブ感を加えたライブは、ちょっぴりファンキーで、ほんのりインチキ。胸が熱いです。

b0008759_14642.jpg次に「えー。髪、切りました」と登場しゴリゴリバリバリ数曲披露したREI HARAKAMIに、「ごぼうのような人」と呼ばれて再登場。今度は2人で演奏。
客に猛烈にアピールしてたREI HARAKAMIと一緒だと、もしかしてエレクトロニカ風になっちゃうか?と思ったが、意外にポップで、ちょっと派手になったsuzukiskiサウンド、といった感じでした。こっちのほうがこのイベントには合ってたのかも。

興奮しすぎて久々に会った主催の原さんに、メインアクトの「ill suono」を間違って「ill soundって何時から?」ときいてしまいました。アホです。すみません。。。


帰りの銀座線で同じ車両にsuzukiskiを発見。面識ないし(たぶん手紙を一往復くらい程度)ちょっと迷ったが、渋谷駅で降りたところで思い切って話しかけた。
「すみません、デジビをやっていた者ですが…」というと、「あ、○○さん!?」とあたしの名前を即座に返してくれた。♪~。3メートルぐらいジャンプ(天井にぶつかります)。

・・・
2001年に出た7枚目『utopia』の数曲をsoup-diskで試聴可能*最新作『helix』よりポップで、初めてならこっちがオススメ。
1st(自主制作盤)もsoup-diskから再発されていて、ほんのさわりが試聴できます*

デジビに掲載した2ndの紹介記事はここ



デジビ[DIGITAL BISCUIT VOL.5 / 1994.07.25]に掲載した1stの紹介記事は以下:
□ □ □
LESS IS MORE
スズキスキ
洗練の果ての簡潔さ

 最近レコード屋で『ニンテンドーのムスコたち』を見かけた人は多いはず。表は仏壇、裏ジャケの絵はアシッドな一休さん、という超ヘンなこのLPは、昨年11月に出たサイズィジー(福岡のテクノレーベル)のオムニバスの英国盤。ジャケットには「10アーティストを収録」と書いてあるのに、中身は9曲だけ。一瞬だまされた!と思うが、後で調べたらCDにはちゃんと10曲入ってる。題名といいデザインといい、JAP(!)という番号といい……次々とやってくれるじゃねーか英国人!
 とか言いながら、毒々しさにつられてつい購入。聞くと、和モノコンピの例に洩れずかなり質が高い。中でも気に入ったのが、ジェフ・ミルズをキュートにしたようなスズキスキ(名前も可愛い★)と、「お花」っぽいパロマティック。そこで、前者の自主CDがディスク・ユニオン渋谷2号店にあったのを思い出し、さっそく聞いてみると……。
 これが特賞大当たり、さらに素晴らしい! かなりチープな機材で作っている感じだが、構成や音作りがうまく、60分間をまったく飽きさせない。作者の言葉に「デトロイトテクノのクラシックに敬意を込めて」とあるが、彼の作品はそこからさらに音数を抜いて、よりテクノとして進化させたかのようだ。たとえば、やや単調かとも思えた『ニンテンドー』にも収録の「バーミリオン」だが、呆れたことにここではさらに単純化され、しかもかえってずっと良くなっているとは!
 そして単純さも極まった最後の表題曲は、テクノの神が「一度だけ」と思って彼に書かせてくれた曲かもしれない。そうでなければなぜ、こんなにもささやかな音楽が、機械と人間の交感の火花としてまばゆくきらめき、そして心の奥深くにまでしみ通るのだろうか。テクノの神が、彼だけにそっと教えてくれた「THOUGHT」……その思想をボクらは信じよう。そしてスズキスキはそれを、今後は自分自身の力で深めていってくれるに違いない。次なる彼の作品が今から楽しみだ。

「BELIEVE IN THE FREQUENCY POWER」
NORTH SOUTH/JAP 100LP(図は部分)

SUZUKISKI「THOUGHT」
自主製作 DMCD-1016 \2,000
たぶんDU渋2で入手可能。
このチープなCGは、未来の
農耕用アンドロイドの姿?
□ □ □

・・・
soup-disk* presents“silverlization”@青山CAY
2004/09 /11 (sat) open/start 18:00 advance 3000yen / door 3500yen
LIVE :
ILL SUONO (Azzurro & Hashim B.)
RIOW ARAI
SUZUKISKI
CAPPABLACK
INNER SCIENCE
GUEST:
REI HARAKAMI (Sublime Records)
志人(Temple ATS / 降神)
VJ:
SSM
[PR]
by digibi | 2004-09-12 00:59 | technohead_punksoul
<< 大分~門司港ぷち紀行(未) 切れてた… >>