【地ビール】しもつけ麦酒・呑龍夢麦酒@太田ヨラッセ・オゼノユキドケ
[2004/09/10 fri]
唐突に午後から[18きっぷ消化試合]北関東編。

-予告編-
b0008759_281530.jpg焼きそばで町おこしとかいって何かを隠してる感じの太田市。
工事中迂回の手書きの看板も英語併記、昔から栄えてたっぽい町にしてはやけに広い道が多い。市役所は立派すぎ。
b0008759_295860.jpg


b0008759_294428.jpg


b0008759_2172795.jpg
「中島飛行機」の生んだ街。





-本編ここから-

朝、今日まで有効の18きっぷをゲット。打ち合わせを済ませた後、浦和で宇都宮線に乗り換え。「本日のグリーン車ご案内」を横目で確認、おーついてるついてる。
b0008759_1373364.jpg11:53発宇都宮行。窓側~。

2階建てグリーン車のみの編成の留置車両(さいたま新都心付近)
繁殖中だぜおらっという感じか
それにしてもこのガラス、UVカットなんだろうけど景色の色が明らかにヘン。あまり普及してほしくないものです。
久喜で快速と待ち合わせ。今度もE231系。12:24発-自治医大12:58着。自治医大の地ビール屋「しもつけ麦酒」で昼メシの算段。暑い中13分くらい歩きます。
b0008759_1375026.jpg  お、看板。
  え。
  あー。
……つぶれてる。ぐむぅ。比較的最近っぽい。
2003年の「太平洋ビール」@鹿児島につぐ失態(ナビスコ初戦@鴨池の帰り、飯~♪と寄ってみた、ら。。ぅぅ)
斜陽産業なんだから行く前に電話しれー!>オレ。サイト情報はアテにすんな、と。
b0008759_138058.jpg小山に戻って両毛線で東西横断の方向で。
自治医大13:27発-小山13:36着。

虚しすぎ…
麦じゃなくてビ~ル売れー(違

両毛線21分の待ち合わせ。はらへった…。でも駅ビルなんもない。スタバにはいっちゃいそう。
b0008759_1381010.jpgが、どうしてもスタバのパンは買う気になれず、コーヒーフラペ。糖分補給でガマン作戦。

両毛線ホームは駅のハズレにひっそり、新幹線の下で薄暗い。
小山13:57発、湘南色115系4両編成セミクロスシート。
冷房キツくて死ぬ…。
b0008759_1382110.jpg

栃木駅が立派な高架になってた。単線なのに!(ぉぃ)
東武が金出したのかなぁ。

なんかショック…(半切妻屋根にドーマー・ウインドウがあったりする洋風駅舎だったのだ)

電車は関東平野の北の端を行く。前橋に向かって左手は田畑と屋敷森、右手は山。b0008759_1383999.jpg

  ゴッツい山が迫る岩舟駅
  駅舎の壁や基礎は、この山の岩舟石のドイツ積
  改札の上の駅名板も古くてカコイイ

若い運転手が同乗のおっさん運転手と延々ずーっとバカ話。それも前を見ないでおっさんの顔をいちいち見て話してる。踏み切りとかあるんですけど…。

いきなり土砂降りがきた。今年の夏はこんなんばっかだ。足利駅で降りて、足利市駅まで歩いてそこから太田へ向かうつもりだったのを伊勢崎乗り換えに変更。
b0008759_143358.jpg
  えー。なんで桐生に!

  室蘭でも見ましたね<サカーボールタンク

(調べてみたら「元は柏のガスタンクに使う予定だった塗料で塗装された物」という説が、あるHP*に。J昇格できると信じて発注してたのが、昇格が流れたために、その塗料が同時期に再塗装予定だった桐生に流れてきたという噂、と)

伊勢崎15:11着。東武伊勢崎線に乗り換え、伊勢崎15:17-太田15:42。300円。
こんな端っこに来ても東武線は東武線の匂いと音とがした。「乗」って感じの。
(←車両数私鉄日本一の8000系LED改造車。電気制動を併用せず空気制動のみという仕様ゆえのあの匂いと、走り出す前から揺れるあの感じが…酔います)

太田駅は高架化工事中で、2つある改札のどっちに出れば「焼きそば」ワンダーランドが展開されているのか見通しきかずに右往左往。改札で駅員に聞くと「有名だった店はなくなりましたよ」とか「それなら向こうの改札」と両方で言われて意味不明(どうやら有名な店とやらは「蕎麦」屋のことだったみたいだ)
質問を変えてみる。「焼きそばの案内所はどこですか?」 きくまでもないよそこだよあんた、ってな返事が来た。一見「裏」のような景色の北口のほうが市民には当然の「表口」らしく、ロータリーに出てみればたしかに見えるところに「焼きそば館 まちのえき」はあった。
b0008759_1403870.jpg
まずは一皿。中300円
こんにゃくが入ってるー。ソースが黒い。麺は太め。味は甘すぎなくて好み。

注文してから焼いてくれます。

太田焼きそばマップをもらう。確かに南北まんべんなく店はあって50店。でも飲み屋とかも入ってるし…イタリア風焼きそばとか…なんだかなー…ポテト入りてのは気になる…。
雨が本降りになってきた。というか叩きつけるような雨。行ってみたいと思った店は2キロぐらい先だ…ムリ。

南口に回り、ずぶ濡れ状態で地ビール屋「ブロイハウス・ヨラッセ」へ。が、まだ開店してない。時間をつぶそうにもあたりにはなにもない。北口にいて富士重工の工場の周りとかうろうろしてから来るべきだったと後悔。中には入れないだろうけど、旧中島飛行機本館とか見えるかもしれないし。
思いつきの遠出は天気のいいときにしましょう。
b0008759_1404846.jpgb0008759_1411096.jpg
17:00。ようやくありつけました。
左はセットで630円(これにお通し3品がついた「夢スバルセット」1050円てのもあり)
右は、赤城屋のソーセージ「シュワインツ・ヴルスト」930円。むはー。
なんと地ビールは2種類だけ。「呑龍夢麦酒」ヴァイツェンタイプとペールエールタイプ。3つめのグラスは、ペールエールと黒エビスのハーフ&ハーフ。寂…。評判だったボックはなし。ヴァイツェンは炭酸が強くて「ドライ」系というありえない味。ペールエールも薄くて弱め。まずくはないし飲みやすいのだけど。
店が流行ってないわけじゃなくて、宴会場は企業名で予約が複数はいってたし、ホールにも団体客が。企業城下町なんだなあと。でもうるさくはなく、巨大ビアホールとしての居心地は浜松マインシュロス並み。料理メニューは豊富。

両毛線へ戻ります。太田18:32-準急-伊勢崎18:56着。伊勢崎駅も木造の駅。乗り換えた伊勢崎19:08発の電車は、宇都宮発の両毛線経由高崎行き。そういうのもあるのか。高崎まで抜けてソースかつ丼?とかいろいろ考えたが前橋で下車。19:21。
駅前通りを5分ほど歩き、「まえばし駅前天然温泉ゆ~ゆ*」へ。明るく大きい日帰り施設で、600円で、でもなんと掛け流し。うす黄緑色でちょっとにごった湯、いい匂い。サウナ用の水風呂が妙な益子焼でした。
露天もあるのでのぼせなくてよいです。
b0008759_1413529.jpg
施設内のレストランで出してくれる生はコレ
館林・龍神酒造の「オゼノユキドケ」ブラウンバイツェン(グラス300円)

これが本日最高の絶品、めちゃうま。
コクがあって、甘い中にローストの香ばしさがして、まろやかで苦みも適度。~☆

館内案内チラシを見てたら、スペシャルハンドマッサージ30分1200円、フットマッサージ40分1500円って、安ぅ。いいなあ。

駅に戻ると今度の列車は始発の通勤快速赤羽行き。らっきー。前橋20:18発、新前橋から上越線に入り(といってもこの部分はもともとは両毛線だったわけだが)、戦中に輸送力(人じゃなくて石炭の)増強のためにつくられた信号場・井野(今は駅)を通り、高崎から高崎線に入ります。クーラーも高崎で入ってふうと一息(温泉効果で汗だく…)。電車は211系。赤羽着21:57。

□ □ □
ところで両毛線といえば麺じゃねーの?
そーですホントはうどんも食べたかった。
閉まってる地ビール屋なんかに寄らなきゃ行けたんだけど…。
太田には日本三大さざえ堂のひとつ「曹源寺」があることも駅で知ったので、再訪希望、今度は東武線で。館林うどんもセットで。

冒頭の太田の写真は高架橋の撤去工事、夜の書き割りみたいな駅前商店街はアーケードを撤去した跡と推測すれば納得できるが、街の姿にこういう妙な感覚を持ったのは久しぶり。心に残る光景でした(つか正直怖かった)。

・・・
しもつけ麦酒*
休業中?

「呑龍夢麦酒」ブロイハウス・ヨラッセ*
群馬県太田市飯田町895 東武線太田駅南口から徒歩6分
0276-47-1222
12:00~15:00、17:00~23:00 1,2,3,4,10,11月の火曜定休

焼きそば館「まちのえき」
群馬県太田市東本町17-23 東武線太田駅北口駅前
0276-22-4161 水曜定休

まえばし駅前天然温泉ゆ~ゆ*
群馬県前橋市表町2丁目10-31 JR前橋駅徒歩5分
027-224-0111
ナトリウム-塩化物温泉(中性低張性高温泉)、57.5度
10:00~23:00 第1木曜定休
料金大人600円(3時間半まで) レンタルタオル50円 バスタオル150円

「オゼノユキドケ」龍神酒造*(直営パブはなし)
館林本社の蔵、足利資料館で試飲できるらしい
ブラウンバイツェン、ホワイトバイツェン、冬季限定レッドエール
[PR]
by digibi | 2004-09-11 01:59 | kuu
<< 切れてた… ちょっとした屈辱 >>